post by admin |

座骨神経痛の原因は人それぞれ

座骨神経痛は経験者でないとなかなかその辛さがわかりません。

また座骨神経痛の原因は人それぞれなので、同じ座骨神経痛だからといって治療法や予防法などを共有するのが難しいのが現実です。

お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みのことを座骨神経痛と呼び、座骨神経痛は病名ではなく症状であるということをまず認識することが最初のポイントとなります。

ですから、しびれや痛み、麻痺の症状があらわれてもすぐに座骨神経痛と診断されない場合も当然でてくるのです。

腰痛と区別ができなかったり、原因となる疾病や原因が特定できないというのはよくあります。

病院にいくほどではないという考えで、座骨神経痛をより悪くしてしまうこともありますし、座骨神経痛だと分からず、座骨神経痛を緩和させるどころか悪化させてしまうストレッチをしてしまうことなどもあるので注意が必要です。